• 医院コンセプト
  • 医師・スタッフ紹介
  • 診療メニュー
  • 施設紹介
  • 診療案内・アクセス
  • お問い合わせ

診療メニュー

入れ歯

入れ歯とひとまとめに、言いましても、種類はたくさんあります。保険で作ることができる設計は限られておりますが、自費診療であれば、自由に設計することができるのです。従って、かめる入れ歯はどういう設計がよいか。できるだけ違和感のない入れ歯はどういう設計がよいか。できるだけ入れ歯と分りにくい目立たない入れ歯はどういう設計がよいか。先人の先生は試行錯誤して、世に満足度の高い入れ歯を送り出してきたのです。

ノンクラスプデンチャー(バネのない入れ歯)

金属のバネが見えるのが、いかにも入れ歯を入れていることがさとられているようで、何とかしたいと、考えておられる方は多いと思われます。 そんな方に、お勧めしたいのが、このバネの部分がシリコン状に柔らかいプラスチックでできているノンクラスプデンチャーです。親指ほどの大きさで目立たないことが、子の入れ歯の特徴です。

コーヌス・クローネデンチャー(バネのないブリッジタイプの入れ歯)

バネのない、かぶせるタイプの入れ歯です。歯にかぶせていくタイプです
歯の被せ物と同じく、歯の土台に被せ物を作るような感じで、土台にカポッと入れ歯をはめる様式になります。
バネがないのが特徴で、ほぼ歯を固定源とするため、ブリッジのように何でも噛めるようになります。
欠点は、土台への負担が大きいことです。
土台がしっかりしているうちはよいですが、当然、土台が動くようになると入れ歯も動くようになります。

保険の入れ歯(主にプラスチック製の入れ歯)

よりしっとりした柔らかな歯茎への質感を得るために、従来のレジン床ではなく熱可塑性樹脂を選択させて頂いております。

金属床(軽い、食熱を感じやすい入れ歯)

レジン(プラスチック)の部分を金属に置き換えることで入れ歯のひずみがなくなり、歯茎にぴったりと張り付くため、保険適応の入れ歯よりも固いものが食べられるようになります。

マグネットデンチャー(磁石を応用した入れ歯)

下の入れ歯で悩まれている方は多いと思います。
歯茎が痩せて入れ歯の安定が悪くなったのが原因ですが、残っている根っ子、もしくはインプラント体を固定源とし、強力な磁石により入れ歯を固定すれば、安定して痛くなくなり、固いものも食べられるようになります。

リーゲル・テレスコープデンチャー

鍵を開け閉めするように、土台に固定できるタイプの入れ歯になります。
最大の特徴は、鍵を開けないと外れないことと、鍵を開けると、取り外せるので、清掃性はよいでしょう。
しかし、技工工程が複雑なので、作れる技工士さんが少ないのが欠点です。

しっかりとした土台があればよく嚙めます。(C)中矢歯科医院