• 医院コンセプト
  • 医師・スタッフ紹介
  • 診療メニュー
  • 施設紹介
  • 診療案内・アクセス
  • お問い合わせ

診療メニュー

デジタル歯科について

歯科界におかれましても、デジタル化は、ますます進んでおります。
すでに、電子カルテやエックス線などの画像は、 本院しかり、ほとんどの歯科医院様でもデジタルネットワークが構築されている事でしょう。

そして、次の段階として、CT(エックス線断層撮影装置)による3次元的な画像診断をして、より正確な診査・診断をすることです。

そして、もう一つ、コンピュターにより、設計した補綴物を、機会が削り出して、補綴物を作製するCAD/CAMです。

これぞデジタル革命

  • 上記、小臼歯部に対するCAD/CAM冠が保険適応になったのは、高騰する金属を使わない。という点、また、見た目の改善からも、患者様にとっても、歯科医院にとっても大変喜ばしいことと思っております。
  • ただし、現状では、小臼歯部にしか対応されていないのと、外注した場合、歯を削ってから型を取って、冠ができあがるまでに1週間以上納期がかかってしまうこと。そして、ハイブリッドレジン冠という硬いプラスチックであること。が問題としてあります。
  • そこで、セラミック冠などの見た目の美しい冠を、歯の部位問わず、しかもブリッジまで作製できる器械が登場しました。
    しかも、院内で作製できるため早ければ、次の日には、冠が出来上がってます。 いいものを、早く、ご提供できる時代になりました。

新しいCAD/CAM冠ミリングマシン

CT撮影装置で削って型を取ったトレーを、スキャニングすると、そのデータをもとに歯を作ることができる器械です。
もちろん、口の中で直接削った歯を読み取って型を取らずに、歯を作ることにも対応しておりますし、石膏模型から歯を作ることにも対応しております。
歯が出来上がるまで、約20分、歯が出来上がるのを見るのも楽しいミリングマシンです。

オールセラミックス治療

  • 金属アレルギーの心配がありません。
  • 金属を口の中からなくすことができます。
  • 金属の溶出による歯茎の黒ずみを防止することができます。
  • 被せ物の経年劣化による金属の露出による黒い部分をともなうことがありません。

CT

  • 2次元でがわからななった情報が、3次元(3D)になると見えてくることが多々あります。
    それは、より正確に診断できることに繋がるのですが、それだけではありません。正確に診断できれば、治療もやりやすくなり、成功率が上がります
  • 口の中には、数多くの血管や神経が走行しておりますが、これも3Dで確認することにより、治療時の安全性がまします。安全第一ですので、術者にとっても患者様にとっても非常に有益な情報です。
  • 従って、現在では、(1)親知らずの抜歯の際の根と神経の位置関係の診断、(2)のう胞(うみ)の大きさおよび原因の診断、(3)根管が複雑な難治性の根の治療の診断など保険治療においても活躍しております。また、(4)インプラント治療の診断、(5)矯正治療の診断、(6)さらには、後述するCad/Cam冠を作製する際のスキャニング(読み取り)まで、自由診療においても、より安全に正確に治療をするための診断に活躍しております。

CAD/CAM冠

コンピューターで設計して、器械によるハイブリッドレジンブロックの削り出しにより、作製した、ハイブリッドレジン冠です。
小臼歯に関しては、このハイブリッドレジン冠が保険適応となっております。